七五三の時期やお役立ち情報

TIPS OF 753

 

1.七五三の写真に適している時期は?

 
atelier monに七五三の撮影のお問い合わせが増えるのがゴールデンウィーク頃から。しかしながら早い人は年明け、3月頃にもポツポツと頂く事が多いです。平日撮影の希望の場合、随時受付予約可能ですので1年前からの予約も可能です。不安な方は是非早めにお問い合わせくださいね。
七五三そのものは、本来は11月15日に行われる行事です。子供の成長を祝い、これからの健康を願う日本の伝統的な行事。昔からの習わしでは、数え年で、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳でお祝いをします。
旧暦の15日は、二十八宿の鬼宿日(にじゅうはっしゅくのきしゅくにち:鬼が出歩かない日)で、婚礼以外は何をするにも吉とされていました。また、旧暦の11月は、田畑の収穫を終えて実りを神様に感謝する月でした。その11月の満月の日である15日に、氏神への収穫と子供の成長に感謝を捧げ、加護を祈るようになったことが、七五三の日の由来といわれています。明治の改暦以降は、新暦の11月15日に行われるようになりました。江戸幕府5代将軍綱吉が長男の健康を祈ったのが11月15日だったことも、七五三が11月15日に行われるようになったきっかけといわれています。ただ、最近では日にちにこだわらず、10月中旬~11月下旬で、六曜の縁起の良い日(大安、先勝)や家族の都合のよい日にお祝いをする家庭が増えています。
『七五三の撮影に関していつ頃が撮影しやすいですか?』とご質問頂きますが10月,11月の土日の午前中は大きな神社は混み合いあまり撮影に適しているとは言えません。他のお客様もカメラマンを手配しあちらこちらで撮影しています。カメラマン同士の場所の取り合いのようにもなっているので撮影は簡単ではありません。
どうしても土日が良い場合は午後の遅めの方が神社の混み具合は引いてきますのでおすすめです。ただお子様のご機嫌によっては午後の時間帯は難しい場合もあるのでまずはお子様のご機嫌を優先してくださいね。特に3歳のお子様はすぐに飽きてしまう可能性もございます。
最近では10、11月を敢えて避けるお客様も増え、前撮りのような形で4,5,6月頃に撮影を希望されるお客様もおられます。10,11月を外すだけで殆ど神社での撮影が用意になりますので個人的には時期をずらすことを推奨致します。

1.七五三の写真に適している衣装は?レンタルは?

 
atelier monは出張撮影のサービスになるのでスタジオのように衣装のレンタルは行なっていません。しかしながら最近ではネットで簡単に見つかるので『七五三 衣裳 レンタル』などで是非検索して探して見てくださいね。ただサイズが気になる方は事前の試着をお勧め致します。実物と全然イメージが違ったというトラブルもなくなるので時間に余裕がある方はお試し下さい。
また土日の撮影を希望される方はお子様のヘアメイクや着付けが必要ですので近所の美容院などに早めに確認をしましょう。
衣装に関しては是非お子様の好きなものを子供と相談して決めて頂く形が良いと思います。人気の衣装はすぐに予約済みになってしまうので夏頃には決めておきましょう。