マタニティフォトの時期やお役立ち情報

TIPS OF MATERNITY PHOTO

 

1.マタニティフォトのベストな時期は?

 
atelier monでよくあるお客様の質問にマタニティの撮影はいつ頃が良いのでしょうかという問い合わせをよく頂くのでこちらの専用ページにてご案内させて頂きます。

マタニティフォトの撮影時期は妊娠9ヶ月頃が目安が一般的でおすすめ。体調も安定しお腹の大きさが最も分かりやすい時期です。
といってもお腹が大きくなる度合いは個人差がありますので是非ご自身のお腹の成長具合を確認してからお問い合わせくださいね。
妊娠中のお腹の大きさには個人差がありますが、妊娠初期から妊娠中期に入る時期だと、まだお腹の大きさが目立ちません。中期での撮影で、お腹の大きさが物足りず、後期にもお越しいただく方もいます。 お腹が目立つ妊娠9ヶ月ころがおすすめです。妊娠週数でいうと、32週~36週の妊婦さんが最も多くなっています。
2回目以降の妊娠では、お腹が膨らむのが早いといわれています。もちろん個人差はありますが、第一子のときよりも少し早めに見積もっておくと良いでしょう。双子の場合も同様に、早い時期からお腹が膨らみはじめるので、妊娠中期でも大きなお腹で撮影できることがあります。。
出産の直前、最もお腹が大きいタイミングで撮影したい!という場合は、臨月を迎える36週目以降に撮影するのがおすすめ。ただし、妊娠37週目から出産予定日までは、「正産期」と呼ばれる時期になるので、いつ赤ちゃんが生まれてもおかしくない状況です。ママと赤ちゃんの体調最優先でお問い合わせ、撮影に臨んで下さいね。

 2.マタニティフォトの衣装はオススメありますか?

 
衣装に関しては自由です。ただ妊婦さんによってお腹の膨らみ具合が異なるのでそれに合わせて衣装を選ぶのが良いと思います。一緒に撮影したいアイテムなどの持ち込みも自由ですのが沢山持ち込みすぎると撮影の際の移動が大変になってしまうので出来るだけコンパクトになることを心がけて下さいね。

 3.マタニティフォトはスタジオが良いでしょうか?ロケーションが良いでしょうか?

 
撮影に関してスタジオが良いか、ロケーションが良いか?はまずはご自身がどのような写真を残したいかによります。ヌードに近い写真を撮りたい方はスタジオの方が良いでしょうし季節のお花や桜などと一緒に撮りたいならばロケーションの方が良いでしょう。ご自宅でも露出度の高い写真は撮影可能です。
 
例えばそのマタニティフォトをお子様が産まれて20年後や30年後に一緒に見返した時の事を想像してみてください。おしゃれなスタジオで撮影するよりも自宅や近所の公園で撮影した時の方がきっと話がふくらむでしょう。その写真には今はなき公園や建物が写っているかもしれないし仮に自宅で撮影したならあなたが産まれた時はこういう所に住んでいたのよ、と伝えることができるでしょう。個人的な経験ですがきっと父親が撮ったであろう母のお腹が大きい写真をみた時、私は心をグッと鷲掴みにされた事があります。そこはおしゃれでもない自宅の1室で上手いか下手かといえば決して上手くない1枚の写真だったのですがその写真を見せてくれた母は自分に色々と当時の事を話してくれました。この時はこんな事があって近くにはこんな場所があって。。。そこには沢山のストーリーが詰まっていました。
どんなに素敵なスタジオでも10年後、20年後残っているとは限りません。でもパパとママが過ごした空間やこれから産まれてくるであろう赤ちゃんが小さい時期に過ごす場所はたとえ将来引っ越すことになっても大きな意味を持つと言うことです。atelier monが出張撮影にこだわる理由はここにあります。

 4.ロケーションの場合、どのように探せば良いでしょうか?

 
ロケーションでの撮影に決めたものの具体的でどこが良いか。。。というご質問もたまに頂きます。上記でも書いたように撮影した場所は将来ご家族の歴史に残ります。ので個人的にはご自宅や近所の公園で撮影する意味は大きいと思っています。殺風景、、部屋がそれほど広くないのですがとおっしゃる方もいますが特に気にされなくて良いと思います。どんな場所でも素敵な写真は撮影できると私は思っています、そもそも良い写真ってなんでしょうか?インスタ映えする写真?おしゃれなアイテムを使った写真?写真に対する価値観は様々ですが私の考える良い写真は『伝わる写真』だと思っています。二人の気持ちや幸せがこれから産まれてくる赤ちゃん、そして将来ご家族皆様が写真を見返した時にみんなで語り合える写真、その時の気持ちが伝わる写真。ご自宅、近所の公園、が難しければご夫婦が出会った場所、デートした場所などもご提案させて頂いています。きっとそう言う場所で撮影した写真はお子様にも伝えたくなるはずです。

 5.デジタルデータは永遠ではない。

 
撮影した後の写真どうしてますか?というご質問に96%以上の方がスマホにデータとして残しているだけだけでした。最近ではクラウドでの写真管理も容易になってきましたが100年、200年と写真を残し続ける事は恐らく難しいです。では100年、200年と残すにはどうしたら良いでしょうか。答えは紙の媒体にして残すという事です。ただカメラ量販店の簡単プリントやプリンターでの簡易印刷では印刷に使われる塗料にもよりますが結構数年後には色あせてしまったり剥げてしまったりと言うことも少なくありません。経験上価格にそのプリントの質は比例すると思っています。
ご予算許す範囲でアルバムなどのオプションもご検討くださいね、atelier monではデザインはこちらでしますが印刷は全てプロ向けの印刷会社へ発注・作成を行なっています。全てのタイプにラミネート加工が施されているので半永久的に未来に残す事が可能です。

アルバムの良さはお子様と一緒にパッと見返す事ができる事。デザインも余計な装飾はせず写真そのものが際立つデザイン、レイアウトで作成しているので数十年後も決して古臭い感じは致しません。

atelier mon
『飾りたくなるような家族写真の出張撮影』
関東(東京、横浜、神奈川)から全国へ
Copyright(C)2014-2020 atelier mon. All Rights Reserved.